【付録開封レビュー】そうめんスライダー!幼稚園9月号2021

レビュー
えだこ
edako

今回は初めて小学館の「幼稚園」という雑誌を買ってみました!組み立て動画もアップしているので良かったらご視聴くださいー。

スポンサーリンク

はじめて、小学館の雑誌「幼稚園」を買ってみて

 

付録「そうめんスライダー」

表紙にはすーーーーっごく大きい感じで写真載ってましたが。

実物はこんな感じw

えだこ
edako

思ったより小さいーーー(笑)

大きいですが、このくらい。

表紙の写真を見てどんだけ大きいのだーーー!?とドキドキしましたよ;

とにかく組み立てはパーツが大きくて多いので台紙から取り外すのが大変でした!

動画で組み立てている様子を撮ってみたので良かったら観てみてくださいー。

もうひとつの付録「ぺぱぷんたす」紙の子犬

付録パーツの袋にもう一つ入っていたこちら

(この台紙とは別でお家で、毛糸や紙紐が必要です)

うちには豚紐しかなくて、、微妙に太さが足りず代わりにモールド?を使って作りました。

えだこ
edako

台紙がしっかりしているのでパーツを4歳娘が外しても破れたりしなかったよ

ちなみに紐を通して結ぶという作業は4歳にはまだ難しかった!

こちらが完成の「紙の子犬」

こちらも作成風景を動画にしてみましたー^^

「幼稚園」雑誌の内容は?

えだこ
edako

他社さんの「たのしい幼稚園」「おともだち」などなどと比べると内容は中性的な感じ。

どういう事かと言うと、「たのしい幼稚園」「おともだち」などはパッと見た感じも女の子によせてきてる。女の子が好きそうなプリキュアやシルバニアが沢山つかわれているのはもちろん、付録もプリキュアの変身コンパクトやお着替え塗り絵などが多い。

今回購入した「幼稚園」はキラメキパワーのページはあるけど、プリキュアやシルバニアなどの、「ザ・女の子」というページが無いから中性的な感じに思ったのかも。

むしろプラレールやウルトラマンなど男の子向けの内容が多いくらい。

雑誌の内容で良かったのが

えだこ
edako

「じっけんこうさく」ページが良かった!簡単な実験の仕方が書いてあるだけですが、こどもから見ると新鮮で、すごくテンション上がっていました!!!

これは、まさに次号は何が載ってるかな?と楽しみにできるコーナーのひとつだと思います^^

残念だったのは。。。

付録の組み立て説明ページ!

えだこ
edako

「たのしい幼稚園」「おともだち」と比べると、このくらいできるでしょ?と言わんばかりの説明(笑)

どこが?というと、

「○○をとりつけて」と書いてあるのですが、「どこに、どうやって」が分かりにくい!!

まぁ、ちょっと考えたら分かるので問題はないかもですが。。

せっかちなのでイライラしちゃいました;

ページ数の関係で文字を減らしているのかな。。。

あと、そうめんスライダーの組み立てページのページ配置!そうめんスライダーのおもちゃのページがあったのでそのすぐ後か、雑誌最後のページくらいに説明載ってるかな?と思っていたら、真ん中の全然そうめんスライダー関係ないところに急に出てくる。。常連さんなら分かるかもだけど初心者なので探すのもイライラ(笑)

「幼稚園」今回買ってよかったのか

なんやかんや書きましたが

えだこ
edako

買ってよかったよ!

付録もですが、雑誌の内容がおもしろいのか娘はずーーっと読んでいます。

次回予告の「くら寿司コラボのおすしコンベア」これも気になるーー!!

今まで紙の付録ってすぐダメになっちゃうから避けてたけど、これだけ大きいサイズでしっかりした付録なら紙でも良いな!という感じです。

↓ポチッと応援してもらえると嬉しいです
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

↓我が家での愛用品やオススメアイテムを載せています♪

コメント