【無料ダウンロード】音符表 レベルアップバージョン

ピアノ

以前に音符カードと一緒に音符表も無料ダウンロードで記事をアップましたが、その時はとても簡易な、最低限使うのドレミのみでした。

↓習い始めはこちらの方が見やすいので良いかも?

【無料ダウンロード】音符カード&音符表 楽譜・音符が読めないをお手伝い
音符カードを使って音符を覚える練習をしたいけど買うのもな。。自分で簡単に手作りできたらやってみたい!と言う事で印刷して切るだけで作れちゃう音符カードと音符表を作ってみました。フリーデータなので使ってみてくださいー。

しかし、あれから練習に出てくる音の種類も増え色々難しくなり

それに比例して娘の頭もパニックに!!笑

なんとかしたいと思いバージョンアップ音符表を作ってみました!

スポンサーリンク

運指表、音符、鍵盤が一目瞭然!! 無料ダウンロードデータ

 

とりあえず先にダウンロードデータをおきますね。

 

 

※こちらの音符表2のデータは個人で使っていただくために無料で提供しております、二次配布・商用使用などは禁止です。

 

 

 

音符表の必要性は?

 

なぜ音符表を作るようになったのかと言うと。。

こんな理由からでした。

ト音記号とヘ音記号は分かるけど 右手?左手?が急に分からなくなる

 

どういう事かと言うと、、

ヘ音記号のところを急に右手で弾き出すようになってしまいました。

本人は間違えている事に全く気がついていません。。

edako
edako

あれ?この間まで分かってなかったっけ??

今回の表には手のイラストが入っているので分からなくなったら絵を見て理解できるはず!

指番号が分からなくなる

 

右手と左手とで指番号が違います。

大人だとさほど気にもならないこの番号が意外とネック!

両方親指が「1」なのだけど、

小さい子にはパニックの元。

1ってどれだっけ!?

まず幼児だと数字の位置ずけがまだ出来ていないのでパニックになりやすいのだと思います。

これも手のイラストを見て覚えよう!

音符と鍵盤、これ何の音か分かってる? 分かってません。

 

鍵盤を見たら音は分かるのに楽譜の音符を見るとパニック!

今回の表では分かりやすくするために

ガイドの点線を鍵盤に向かって入れてみました!

また、楽譜を読む事を諦めて適当にあてずっぽで弾いてしまう事も。。自分で調べる力をつけるためにも音符表を見ながら根気強く譜読み練習しましょう。

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

子どもがぶつかった難題に親も頑張っていかに楽しく理解できるか考えて作ってみました。

レッスン本などで似たような表が載っている事もあると思いますが、本だとページをめくらないと見れないという事で。

今回のようにコピー用紙に印刷して壁や目立つところ、
見やすいところに置いておいて
本を調べたりする面倒を省けるアイテムを作ってみましたー!

 

関連ページ↓

【無料ダウンロード】音符カード&音符表 楽譜・音符が読めないをお手伝い
音符カードを使って音符を覚える練習をしたいけど買うのもな。。自分で簡単に手作りできたらやってみたい!と言う事で印刷して切るだけで作れちゃう音符カードと音符表を作ってみました。フリーデータなので使ってみてくださいー。

コメント