【オススメの鉄のフライパン】初心者に!錆びにくい!お手入れ簡単

レビュー

鉄のフライパンのイメージでまず頭に浮かぶのは、、

edako
edako

お手入れ大変そう。

ですよね。

が。

ある鉄のフライパンを使い始めてからこの考えかたが全く変わりました!!!

 

edako
edako

完全フライパンのおすすめレビュー記事ですがご興味あればどうぞ!w

スポンサーリンク

使い勝手がすごくいい! リバーライト極 鉄フライパン

私が使っているのがこちらのフライパン
(↑【画像】楽天商品リンク)

「リバーライト極」

こちら、特殊加工されていない鉄のフライパン

鉄のフライパンなのだけど、とにかくお手入れも簡単で使い勝手が良いんです。

我が家では最初に22cmを使い始め

今では、卵焼き器と28cmを追加で購入し使っています。

そして、次は餃子やホットケーキを焼くために、底が平らになった大きめフライパンを狙っておりますw

リバーライト極の何がいい?ってこれがいいのよ!笑

良かった点を挙げると、、、シンプルにこの4点!

1、お手入れが簡単

使ったあとは水洗いのみ。焦げがついたらそこは銅たわしでゴシゴシするだけ!

テフロンの時は使ったあと冷ましてから洗わないとコーティングが取れちゃうって知らず何回も熱々のまま洗ってしまいその度にコーティングがダメになったりして何度も買い替えました;

edako
edako

鉄に変えてから気を使う事がなくなりストレス減!!!

2、炒め物がさらに美味しくなる

熱の伝導率が高いから、炒め物やお肉を焼くと美味しく仕上がります。

edako
edako

特に野菜は全然違った!シャキシャキ!!うまーい!

3、一生使えて買い換え不要

販売元のページにも書かれていましたが、一生物として使える!

今まで何回コーティングフライパンを買い換えた事か!!コストもそうですが、次にどのフライパンを買うか考えるだけでも結構なストレスだったのでそこから解放されたのは嬉しい!!

edako
edako

でも、、一生といっても持ち手とか劣化したら取り替えは必要だよね。

edako
edako

持ち手はクルクル回して取り外し可能だから劣化してもすぐ交換できるよ

メンテしやすいのも嬉しいですね!

4、錆びにくい

昔のフライパンってすぐ錆びてませんでしたか?私はすぐに錆びさせてました。。。

リバーライト極を使い始めてもうすぐ1年。結構雑に扱っていますが錆びはまだついていません。

デメリット

テフロンのフライパンと比べると重い。
中華屋さんみたいな鍋振りさばきをするには腕力が必要!

テフロンのフライパンと比べると油は多めに使う。
鉄のフライパンはしっかり油をなじませていないとくっついてしまう。
でも、そこを守ったら鉄のフライパンでもくっつかず調理できる。

フライパンを洗うときに使うのは銅たわし

私が使っている銅たわし
(↑【画像】楽天商品リンク)

洗剤は使わずこの銅たわしでゴシゴシするだけ。スルッと焦げても綺麗になります。

洗い終わりは私はそのまま放置することも多いですが;さっとキッチンペーパーで水分を拭き取っています。

油を多く使うのでオイルポットは必需!

我が家では普段から揚げ物などをよくするのでオイルポットは必需品だったのですが、鉄のフライパンを使うようになってからさらに必要に!
最近ではおしゃれで可愛いオイルポットも沢山でているので選ぶのが楽しいです。

ちなみに我が家はシンプルで容量の多い野田琺瑯のオイルポットを使ってます。

野田琺瑯オイルポットレビュー
揚げ物をする機会の多い我が家なのですが。ずっとオイルポットが無くて使った後は油を捨てていました。もったいないなーっていつも思っていて何か良いオイルポットないかなー?っと考えてました。 そこで出会ったのが 野田琺瑯のオイル...

 

 

↓ポチッと応援してもらえると嬉しいです
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

↓我が家での愛用品やオススメアイテムを載せています♪

コメント